新庄もがみ農業協同組合
〒999-4601
山形県最上郡舟形町舟形273-1
TEL 0233-32-8270(代)
FAX 0233-32-8278

 

理想的な土づくりはくさいだいこんきゅうりなす




「なす」つくりかた

ここでは、なすの作り方について紹介しています
Ⅰ 畑の準備
 深根性なので深耕し、苗を植える2週間前に堆肥や苦土石灰などの土壌改良資材を施します。その1週間後、1m幅の畝をつくり、畝の中央に深さ30cm位の溝を掘って元肥(緩効性肥料)を施用しよく土と混ぜ合わせ埋め戻し、15~20cmの高さの畝を作ります。

Ⅱ 苗を選ぶポイント
 双葉がついているもので、本葉が5~6枚で節間がつまっていて、葉や茎の紫色が濃くてみずみずしいものを選ぶようにします。

Ⅲ 植え付け
 風のない午前中に植えつけます。根鉢をくづさず、深植えしないように注意し、付け後にたっぷりとかん水します。風による倒伏を防ぐために仮支柱を立てて、後に本支柱を立てて誘引します。

Ⅳ 追肥
 なすは肥料切れを花形で知ることができ、花の中心にある雌しべ雄しべより短く、花が小さく、花色も薄くなる時期が肥料切れの時期なので、早めに追肥を行います。

Ⅴ 仕立て
 主枝と第1花の下の側枝2本を伸ばし、残りのわき芽は早めに摘除し3本仕立てとします。その後は、放任でも良いが、内部が混みあっていると光不足となり、果実の色つやが悪く、病害虫の発生原因となるため、混み合った枝葉や勢いが弱い枝を間引きます。

Ⅵ 収 穫
 実が育ちすぎると、味が落ちるので開花後20~25日を目安に収穫します。


Home Top
 
Copyright ©新庄もがみ農業協同組合 All rights reserved.